• shopping cart

2020/09/18 00:00


皆様、こんばんは。
デザイナーの沼本真希です。


この度、MAKI NUMOTOは9月7日に5周年を迎えました。
それを記念して、5周年限定品を制作いたしました✨

私は数字の中で「5」が一番好きなのですが、
せっかくなのでそれにちなんだ作品を作りたいと思い、
私が憧れる5人の女性をイメージしたデザインを制作しました!

誰をイメージしたのか、皆様お分かりになりますか?



画像左上から時計回りにご紹介いたします。


1. ココ
大ぶりのカメリアモチーフのピンブローチ。
世界有数のビッグメゾン「CHANEL」の創業者、
ココ・シャネルをイメージしました。
不遇の生い立ちから、世界中の女性を虜にする一大ブランドを築き上げた一人の女性。
そのたくましさ、強さ、信念と自信...
彼女を形作る全ての要素が、その生き方が、私に影響を与え続ける。
シャネルという、偉大な女性に敬意を表して、
彼女が愛したカメリアの花を制作しました。



2. オードリー
6枚弁の大ぶりなお花ピアス・イヤリング。
私が大好きなオードリー・ヘプバーンをイメージしました。
映画の中で見る彼女は、黒や白の洋服を着ていることが多いけれど、
色を足すとしたら一体何色?
美しい姿勢とエレガントな雰囲気から連想された色は、深みのある赤。
太い眉と大きな瞳が印象的な顔立ちから連想されたのは、大輪のお花。
いつの時代も愛されるオードリーの美しさと気品を表現してみました。



3. スカーレット
クリソライトとエメラルドの、緑色のコントラストが美しいロングピアス。
映画「風と共に去りぬ」のヒロイン、スカーレット・オハラをイメージしました。
架空の人物ですが、演じた女優のヴィヴィアン・リーは、スカーレットそのものでした。
高慢ちきだけれど、この世の人とは思えない美貌の持ち主の彼女が
エメラルドグリーンのドレスやリボンを身にまとった姿は、息をのむほど美しい。
あまりにも自由奔放で、あまりにも感情のままに行動するので、
人としてどうなの?!?! って思ってしまうのですが、、、
波乱万丈に生きて全てを失った彼女が、それでも明日に希望を抱いて立ち上がるエンディングシーンは、
いつまでも私の記憶に残るワンシーンです。



4. ツイッギー
大粒のパールをカラフルなスワロフスキーが取り巻くピアス・イヤリング。
60年代に一世風靡したファッションモデル、ツイッギーをイメージしました。
この時代のカラフルでポップで大胆なデザインのファッションが大好きです。
中でも、金髪のベリーショートに大きなお目目のドーリーメイク、
小枝のように細いスタイルのツイッギーが表現するファッションが大好き!
何を身につけても様になるし、何を着ても似合ってしまう。
永遠のファッションアイコンであるツイッギーを表現してみました。



5. カトリーヌ
リボンモチーフのネグリジェネックレス。
映画「シェルブールの雨傘」に出演した、カトリーヌ・ドヌーブをイメージしました。
内容はともかく(笑)、衣装やインテリアの色使いなど、世界観がとても好きなんです。
艶のあるセミロングのブロンドヘアを、リボンでハーフアップにまとめたカトリーヌのヘアスタイルが
すごく可愛かったので、一時期まねっこしてました(笑)。
あまりにもこの映画を見過ぎたせいで、「リボンと言えばカトリーヌ・ドヌーブ」
というイメージがついてしまいました。
可愛らしいリボンモチーフを、端正で美しい顔立ちのエレガントな彼女のイメージに仕上げるため、
色は使わずクリスタル1色で、ブランド初のネグリジェネックレスのデザインにしました。
(※ネグリジェネックレスとは、アンティークジュエリーに多く見られる、
左右の長さが違う2つの飾りが揺れるデザインのネックレスです。)



以上、商品とイメージに共感していただけたら、嬉しいです!

こちらの限定品は、来週から開催される松屋銀座のイベントにて販売いたします。
ご都合よろしければ是非遊びにいらしてくださいませ!

イベント詳細はこちら

【ジャパンクリエーションミュージアム】
期間: 9月23日(水) 〜 9月29日(火)
営業時間: 10:00 〜 20:00 ※27日(日)は19:30まで
場所: 松屋銀座 1階 スペース オブ ギンザ