• shopping cart

2021/05/24 20:00


皆さま、こんばんは✨
デザイナーの沼本真希です(*^^*)


コロナ前と違い、好きに旅行ができずフラストレーションが溜まりつつある
今日この頃の私です。
川〜〜〜森〜〜〜鳥〜〜〜、、、
自然への欲求が高まり、森の中の自然音をかけながら瞑想している今日この頃の私です。



そんな中、今日はコンサルのお仕事をされている先生に久しぶりにお会いしてきました。
私は他業種の方のお話を聞くのが割と好きなのですが、
この先生とお会いしてお話すると、いつも「なるほど!」という
気づきをいただけるので、毎回ミーティング後は晴れやかな気持ちになります✨


今日は昨今のコロナ禍の現状の話から、なぜか飲食業界の話になり、
「飲食業で儲けるって大変ですよね💦」という超余計なお世話な私の発言から
先生の行きつけのラーメン屋の話になり...


コロナ前までは夜の23時くらいまで開いていたのが、
今は時短営業で18時〜19時で閉まってしまうそうで。
でも美味しいから食べたい。
そうなると早まった閉店時間までに食べに行くそうで。
そして同じように考えているお客様で賑わうそうで。



常連の先生曰く、ラーメン屋は特に回転率が重要なので、
ダラダラ営業していたコロナ前より短時間でババっと稼げていて
今の方がよっぽど効率良いと思いますよ。 と。


それを聞いた私は「なるほど!」と。
先生がそのラーメン屋さんに行くのはやはり美味しいからで、
そう思うお客様が他にもいて、
要はお客様に『味』を信頼されているラーメン屋なのだと。
(なるほどポイントがずれている気もしますが...)


当たり前のことだけど、飲食業は味が命。
美味しければまた食べに行こうと思う。
(高級レストランだと接客だの雰囲気だのの話もあるけれど)
このラーメン屋さんは、味を信頼してくれるお客様がいらっしゃるから、
この大変なご時世でも営業し続けることができているんだなと思いました。



じゃあ、これをファッション業界に置き換えると、どういうこと???

飲食業界が『味』ならば、
ファッション業界は『デザイン』、
美容業界は『見た目』


なのかなと。



洋服や靴やバッグ、小物などのファッション品は、
素材や技法や産地などをひっくるめた『デザイン』だなと。
着心地の良い素材だったり、こだわりの技法を使っていたり、珍しい色だったり、、
デザインに対して何かしらのお気に入りポイントがあれば
またそのブランドの物を買おうと思う。


お化粧品で考えれば、その商品を使った結果、
肌の調子が良くなったとか、メイク崩れしないとか、キレイになれたとか、、
明らかに『見た目』が良い方向に変わればまた買いたいと思う。



ここでまたファッションの話に戻って『デザイン』について考えると、
いかに素敵なデザインか、いかにこだわり抜いた素材か、いかに時代に合ったデザインか、
いかに高い技術を駆使して作られたか、いかに他には無い斬新なデザインか、、、
デザインに対して求めることは多種多様で、ブランドによって本当に様々だけれど、
MAKI NUMOTOがデザインに対して大事にしていることは、
「身につけた時にいかに美しく見えるか」 ということ。


常にそのことを念頭に置いて、サイズ感であったり配色であったり製造方法であったりを
細部まで考えて商品を生み出しています。
今後もこのデザインに対するこだわりポイントは大事にして、
それがお客様のお気に入りポイントとなるように、
信頼され続ける商品作りを目指していきます。



今日は思いがけず、ラーメン屋さんの話から
『デザイン』に対する私のこだわりと、
またそれに対してお客様に信頼していただくことの大切さを
改めて気づかされた日でした。


あまりにも「なるほど!」感が強かったので、
こうしてブログにも書いてしまいました笑
先生にも、先生行きつけのラーメン屋さんにも感謝🙏🙏